学生必見、MSOfficeなどの学割アプリまとめ

学割が存在するソフトウェアやWebサービスをまとめてみました。

DreamSpark

DreamSpark


DreamSparkとはMicroSoftが提供している学生教育支援プログラムで、大学生、高専生等であれば、無償で提供してるソフトウェアが使用出来ます。また、認証に国際学生証またはこちらから認証することで、ソフトウェアをダウンロードすることができます。対象となるソフトウェアはVisual Studio 2010 ProfessionalWindows Server 2008など、一覧はこちら

Software discounts with ISIC

Software discounts with ISIC


こちらのISIC(国際学生証)では、MicroSoftが提供するMicroSoft Dicountsを利用することができます。MicroSoft Office、Windows7などのOSが90%OFF相当で購入できます。購入にはISICのナンバーが必要なので、国際学生証を持っていないと購入できません。また、同サイト内Logitecの製品が30%OFFになるクーポンコードがもらえるそうです。(詳しく調べていませんが、おそらくオンライン決済のみでしょう)
国際学生証の発行は、お近くの学生生協で、申し込み出来ます。詳しくはこちら

Versions(Macのみ)

Versions


MacOSのSVNクライアント、無料のものではSCPluginなどもありますが、今のところこれが一番使いやすいです。もともとこのソフトは59ドル(約4500円)するのですが、メールで「クーポンくれ」っというと20ユーロ(約2000円)安くなるクーポンをくれます(僕が買ったときは24ユーロ=2500円くらいで買えました)。体験版もあり、こちらからダウンロードできます。

Dropbox

Dropbox <3s school!


言わずもがなDropbox。ac.jpか.eduのドメインメールアドレスを持っていれば、招待した時の250MBアップが500MBアップになるそうです。認証ページはこちらから。ac.jpで登録されていない学校のアドレスは、右下のフォームから催促することができるそうです。僕も、まだ試してないので、分からないのですが、以前招待した分もアップするそうです。

github

Request an educational account


メールフォームにて申請すると、現在持っているアカウントでmicro planが2年間無料で利用できるようです。僕はアカウントを持っていないので確かめていませんが、メールフォームにてmicro planにしてくれ!って言えばいいようです。無料でプライベートリポジトリが使えるのはいいですね。僕はまだまともにgit使って無いですが

他にも、有名な所では、Adobeの製品や、MSDNAA秀丸、などがあります。今回は僕が利用している、知っている情報を掲載しました。他にあれば、twitterやコメントで教えてください。

参考
【学生限定】Dropboxの容量を増やす方法
[学生必見]githubのアカウントを無料で有料プランにアップグレードする方法


« »
このエントリーをはてなブックマークに追加


7 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

To create code blocks or other preformatted text, indent by four spaces:

    This will be displayed in a monospaced font. The first four 
    spaces will be stripped off, but all other whitespace
    will be preserved.
    
    Markdown is turned off in code blocks:
     [This is not a link](http://example.com)

To create not a block, but an inline code span, use backticks:

Here is some inline `code`.

For more help see http://daringfireball.net/projects/markdown/syntax

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>